HOME Q&A掲示板 性同一性障害 お問合せ
鼻の形成
鼻の形成メニュー
はじめに
ヒアルロン酸注入で高くする(プチ降鼻術)
シリコン製プロテーゼで高くする(降鼻術)
鼻先を細くする(鼻尖縮小術)
小鼻を小さくする(獅子鼻)
垂れた鼻先を上向きにする(おじぎ鼻)
フローブクリニック
名古屋市中村区名駅4-1-3
クリスタルMAビル8F
TEL/052-566-3033
シリコン製プロテーゼで高くする(降鼻術)
鼻の穴の中を数mm切開し、鼻尖〜鼻背部の皮下(鼻翼軟骨と外側背軟骨の上)及び鼻骨の骨膜下を剥離して、腔(空洞)を作り、I型あるいはL型のプロテーゼを挿入する方法です。尚、プロテーゼは人工軟骨やインプラントと呼称されることもあります。鼻根〜鼻背部のみを高くしたいならI型、鼻根〜鼻尖部まで全部を高くしたいならL型を用いることになります。シリコン製プロテーゼ(I型とL型)
I型を挿入する場合は、右の鼻の穴のみから行いますが、L型を挿入する場合は左右の鼻の穴から行います。
L型の場合、鼻尖部に圧迫がかかりやすく、鼻尖部の皮膚が薄くなったり、赤くなったりする可能性があります。これを回避するには鼻尖部(鼻翼軟骨の上)、鼻柱部(左右の鼻翼軟骨の間)を確実に剥離する必要があり、そのためL型プロテーゼの時には左右の鼻の穴から行うのです。
またL型のみで鼻尖部を高く尖らせようとする(Lの屈曲部が厚いプロテーゼを使う)ことは、上記のトラブルを招きやすく危険なので、その場合は鼻尖部に耳介軟骨あるいは鼻翼軟骨の移植を行ったり、次に述べる鼻尖縮小術を併用することになります。感染などで腫れがひかない、出来上がりにいまいち満足できない等の理由で、プロテーゼを取り出さねばならない場合もありますが、取り出しは非常に容易であって、これがこの手術の最大の利点であると思います。

HOME Concept 性同一性障害 診療メニュー 料金一覧 アクセスマップ 携帯サイト お問い合わせ site map Link
Copyright(c) 2005-2016 floave clinic&k_m_m .All rights reserved.