HOME Q&A掲示板 性同一性障害 お問合せ

性同一性障害の治療

睾丸摘出術

本手術は、フローブにおいて、性同一性障害(GID)と診断された者に対して実施するものである。
母体保護法第28条にある「何人も、この法律の規定による場合の外、故なく、生殖を不能にすることを目的として手術又はレントゲン照射を行ってはならない。」という条文との関連が法的に問題になるところであるが、GIDとは「生物学的には完全に正常であり、しかも自分の肉体がどちらの性に所属しているかをはっきり認知していながら、その反面で、人格的には自分が別の性に属していると確信している状態」と定義され、生物学的性(sex)と自己が認知するところの性(gender)が不一致であるという、ある意味では人間存在の本幹に関わる障害である。
従って、性別適合手術がGIDの診断の下に選択された治療であれば、それは正当な医療行為であり、個人の苦しみを軽減するだけでなく、個人の生活の質を高めるための医療行為であるということができ、決して上記条文になる「故なく」行われる違法行為ではない。現在では、GIDが精神神経疾患として認知され、平成16年7月16日には戸籍上の性別の変更を認める性同一性障害者性別特例法が施行されるなどの社会的環境からも、GIDの診断の下に行われる性別適合手術が違法性を阻却しているのは明らかである。

 

睾丸摘出術(MTFに対する性別適合手術の第一段階)の実施にあたっての確認事項

  • すでにホルモン治療が行われている。
  • ホルモン治療にもかかわらず、依然としてsexとgenderの不一到に悩み、手術療法を強く希望している。
  • 自己が選択した別の性に対し、特続的かつ安定的な適合感がある。
  • 自己が選択した性で生活することに伴う身体的困難、現在の社会的立場や家庭内で起こる様々な問題に対処できる条件が整っている。
  • 手術とその効果に対する事態に十分に対処できる人格を有している。
  • 手術によって生ずる身体的変化、随伴症状、社会生活上の変化、家族や友人との関係、性的な問題など十分理解し、判断している。
  • 家族や親しい人が手術療法に理解を示している。
  • 満20歳以上である

詳しい資料の郵送を希望の方は、下記の院長直通アドレスに、お名前と住所を明記の上で、申し出て下さい。

f.2.6.0.2@docomo.ne.jpの院長直通アドレスは、迷惑メール防止のため、
GメールやYahooメールなどフリーメールアドレスからの受信が出来ない様に設定されております。

パソコンやスマートフォンからお送りいただく場合は、Gメールの方にお願いいたします。

HOME Concept 性同一性障害 診療メニュー 料金一覧 アクセスマップ 携帯サイト お問い合わせ site map Link
Copyright(c) 2005-2016 floave clinic&k_m_m .All rights reserved.