HOME Q&A掲示板 性同一性障害 お問合せ
目の形成
目の形成メニュー
はじめに
埋没法による二重まぶた
全切開法による二重まぶた
脂肪除去+埋没法による二重まぶた
部分切開法による二重まぶた
眼瞼挙筋法による二重まぶた
目頭切開法
目尻切開法
上まぶたのくぼみ
下まぶたのたるみ、ふくらみ
フローブクリニック
名古屋市中村区名駅4-1-3
クリスタルMAビル8F
TEL/052-566-3033
全切開法による二重まぶた(上まぶたのたるみ取り)

瞼の厚ぼったい人、過去に埋没法をやったが戻ってしまった人、年齢的に瞼にたるみのある人ではこの方法が適しています。次のような手順になります。
@希望する二重ラインで目頭〜目尻まで皮膚切開(たるみ取りの場合は皮膚を適量幅だけ切除する)し、眼輪筋を含む皮下組織を細長く切除する。
A瞼板前脂肪を剪除して瞼板(挙筋腱膜)を露出させる。その後、挙筋腱膜を上へ手操っていくと眼窩隔膜に達するので、これを横切開し、眼窩脂肪を控えめに適量押し出して除去する。
B瞼板に糸を掛けながら皮膚縫合していく(まつげ側の皮切縁〜瞼板〜眉毛側の皮切縁)。
なお、より目をパッチリさせるため、まず瞼板を挙筋腱膜の奥の方に癒着し、最後に皮膚縫合する場合もあります。

上眼瞼皮フの切除 眼輪筋の切除 眼窩内脂肪切除

全切開法の欠点としては、埋没法に比べて腫れの期間が長い(1週間くらい)ことがあげられますが、長い目で考えるとこちらのほうがよいと思います。

HOME Concept 性同一性障害 診療メニュー 料金一覧 アクセスマップ 携帯サイト お問い合わせ site map Link
Copyright(c) 2005-2016 floave clinic&k_m_m .All rights reserved.