HOME Q&A掲示板 性同一性障害 お問合せ
目の形成
目の形成メニュー
はじめに
埋没法による二重まぶた
全切開法による二重まぶた
脂肪除去+埋没法による二重まぶた
部分切開法による二重まぶた
眼瞼挙筋法による二重まぶた
目頭切開法
目尻切開法
上まぶたのくぼみ
下まぶたのたるみ、ふくらみ
フローブクリニック
名古屋市中村区名駅4-1-3
クリスタルMAビル8F
TEL/052-566-3033
眼瞼挙筋短縮法による二重まぶた
眼瞼挙筋短縮法
眼瞼挙筋の瞼を持ち上げる機能が弱く、まぶたを黒目の上まで上げられない状態を言います。目を見開くため、いつでもおでこにシワを作りながら眉毛を上げているので頭痛や肩こりに悩んでいる人が多いです。アトピー、花粉症、逆さまつ毛、コンタクト常用などの理由でまぶたをこする機会の多い人では、挙筋腱膜と瞼板の癒着が外れたり、薄くなったりするため、眼瞼挙筋の引き上げ機能が瞼板に伝わりません。これが原因でまぶたがあけにくいのを腱膜性眼瞼下垂と言い、日常診療で見かける眼瞼下垂はほとんどがこれです。眼瞼挙筋自身あるいは眼瞼挙筋を支配する神経に異常がある場合には物が二重に見える(複視)ので、腱膜性眼瞼下垂との鑑別は容易です。
眼瞼挙筋短縮手術は、眼瞼挙筋がまったく動かない場合には意味のない手術になりますので、腱膜性の眼瞼下垂に対して有効です。
挙筋腱膜と眼窩隔膜の合流部は、瞼板上縁より数mm上にあって、白色の線として認められる。ここを切開し、眼窩脂肪を上へよけ、眼瞼挙筋を結膜より剥離し、無理なく前方へ引っ張り出せる状態にする(前転)。短縮幅を決めた後挙筋を一部切除し、断端を瞼板上縁へ癒着固定する。
以上が手術の実際ですが、最近では外れた腱膜を元の瞼板前面に縫着固定する腱膜前転術に変更されつつあるようです。またこの手術をパッチリ目(ビックリ目)目的で希望する人もいます。
目頭切開法
Z型切開と縫合
日本人は目頭部分で蒙古ヒダが張っている場合が多く、西洋人に見られる目頭の赤い部分が隠れてしまっており、西洋人に比して目が小さく見える原因となっています。また日本人は、末広型の二重瞼の人が多く、鼻が低いことと相まって目が離れて見えがちです。
平行型の二重瞼を希望する場合はこの目頭切開術が必要になります。通常二重瞼の手術と平行して行われ、単独で行うことは稀です。
主としてW型に切る方法と、Z型に切る方法があります。W型は目頭を鼻筋方向に引っ張って皮膚を切除し、これを縫い合わせるわけですから、緊張が強く、傷がケロイド(肥厚性瘢痕)になる危険があります。一方Z型は単なる皮膚の置き換え(皮弁の入れ替え)によって蒙古ヒダをとるやり方ですので、緊張が少なくケロイドになりにくいといえます。当院ではほとんどZ型に切る方法で行っています。

HOME Concept 性同一性障害 診療メニュー 料金一覧 アクセスマップ 携帯サイト お問い合わせ site map Link
Copyright(c) 2005-2016 floave clinic&k_m_m .All rights reserved.